メンズエステの人気セラピストは予約が取れない?確実に予約取れる方法教えます

メンズエステユーザーさんの投稿コラム

メンズエステの人気セラピストは予約が取れない?確実に予約取れる方法教えます

メンズエステのコラム

誤爆兄貴 0 497 2023/01/18
こんにちわ!誤爆兄貴です。

今回は人気セラピストの予約の取り方について伝授していこうと思います!!メンエスを予約する時に「今日こそは人気のあの子にマッサージしてもらいたいな〜」「メンエス初めてだから最初は経験豊富な人にマッサージしてもらいたい〜」なんてことあると思います。

ですが今人気急上昇中のメンエスでは人気セラピストの予約を取ることが実は難しかったりします(笑)なので今回はより確実に予約が取れやすい方法も併せてお話ししていきますね!

当日はほぼ無理!余裕を持って予約すべし!!

人気セラピストは本当に予約が取りづらいです。僕たちはメンエスに通う者は「あ、なんか今日メンエス行きたい!」みたいな感じで衝動的に行動する人が多いですよね(笑)

ですがそれでは人気セラピストの予約は取れません。せめて3日前から人気セラピストの出勤日を確認して事前に予約を取ることをオススメしています!その為には毎日の出勤日チェックを怠ってはいけませんよ。

ホームページ含め、ポータルサイトまで網羅することが人気セラピストを継続的に指名できる一つの術なのです。これから本気でメンエスに沼りたい人は、人気セラピストを見逃さない為にPCやスマホでリスト化することをオススメします!

そしてもう一つはSNSからの予約です。人気セラピストともなるとほとんどの方はTwitterを運用しています。セラピスト個人で運用している方もいれば、お店が運用していることもあるでしょう。Twitterの注目する点としては出勤日を逐一ツイートで教えてくれるというのが嬉しい点であります。

そして何よりもTwitterにはDM機能があるので、セラピストに直接DMして予約を取ることもできます。もちろんできない場合もありますが・・・

TwitterのDM経由で予約を主旨としたメールを送ると直接セラピストが目を通す機会が増えるので、優先的に予約を入れることが可能です。またフォロワー数が多いのセラピストというのは必然的に人気セラピストになるので、人気度を測るといった点ではかなり便利なのもTwitterの特徴です!ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後に

当日にメンエスに行きたくなる気持ちは分かりますが、人気セラピストの指名を取りたくば必ず数日前から予約しておくことをオススメします。他にも前日割りなんかが適用されて数千円安くなることもあるのでポータルサイト、HPのチェックは欠かせません!いますぐTwitterアカウントを作成してセラピストだけをフォローしまくりましょう(笑)

それではまた次回のコラムで!

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

今年もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの出会い体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツな出会いサイトはPCMAXで間違いありません。


2023年1月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから6151人登録(女性は919人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから2044人登録
3位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから818人登録
4位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1345人登録
5位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い
6位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから238人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

誤爆兄貴

月5回のメンエスは欠かさない。持ち金尽きるまで全てエロに。ps.最近彼女ができました

誤爆兄貴のブログ
誤爆兄貴のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい