1日に5人のチャイエス嬢を相手した真夏の全弾撃ち尽くしセックス!【新・チャイエス店外日記】

メンズエステユーザーさんの投稿コラム

1日に5人のチャイエス嬢を相手した真夏の全弾撃ち尽くしセックス!【新・チャイエス店外日記】

「チャイエス店外日記」

チャイエス・アジアンエステ

なかぞの 0 317 2021/09/27
これは、私がまだ酒屋の配達員をしていた30歳頃の話で、その当時の私がいかにチャイエス好きだったかを如実に物語るエピソードのひとつです。

お盆休みに入って3日目、連日のうだるような暑さのせいもあってかムラムラしていた私は、朝からパソコンで風俗サイトばかり覗いていました。
そこへ、あるチャイエス嬢から電話がかかってきたのです。

帰って来た美人チャイエス嬢

近場の安いホテヘルへ行ってサクッと抜いてこようと思い、出かける準備をしているとき、
チャイエス嬢のリンさん(仮名)から電話がかかってきました。彼女とはしばらく会っていなかったこともあり、私は思わずうれしくなりました。

「あなた、タン好き?」
「タン?タンって、肉のタン?」」
「そう、肉のタン。あなた食べる?」
「うん、食べるけど、それがどうしたの?」

仙台市内の友人宅にしばらく居候していたリンさんが、お土産にタンを買って帰って来たから、よかったらマンションまで取りに来て、と言いました。

「いま友だち遊びに来てるから、あなた夜に来て」
8時頃に行くと言い、電話を切りました。私はホテヘルに行くのをやめて、少し早めに夕食を済ませておくことにしました。

リンさんと会うのはかなり久しぶりでした。以前は、行きつけの中国エステでしょっちゅう指名していたのですが、彼女が常連客のひとりからストーカー行為を受け、身を隠すために仙台の友人宅に移ってからは会うことがなくなっていたのでした。

仙台のお土産も楽しみでしたが、それ以上に、彼女とプライベートでセックスができるのではないかという期待のほうが大きかったのは言うまでもありません。

夕食後、シャワーを浴びて新しい下着にはき替えてからリンさんのマンションへ向かいました。玄関のドアが開き、Tシャツとパンティだけという恰好の彼女が出迎えてくれました。Tシャツの下もノーブラで、乳首ポチしていました。興奮した私は、挨拶もほどほどに彼女に飛びかかって行きました。

「あなた、まだ早い!もうちょっとあとでね!」
腰にしがみついて離れない私を、彼女が苦笑いを浮かべながらなだめました。股間のイチモツは早くもカッチカチの状態でした。

「はい、これ。仙台のお土産」
リンさんが冷蔵庫の中から、30センチ四方の薄っぺらい箱を出してきました。タンと聞いていたので、生か冷凍の肉をイメージしていたのですが、彼女が買ってきたのはタンの佃煮でした。

私が礼を言うと、彼女が「あなた、何か飲む?」と聞き、冷蔵庫を開けて見せました。
「お茶と、梅酒と…ビールもある」
「じゃあ、ビールをもらおうかな」

彼女は梅酒をロックで飲んでいました。蒸し暑い夜だったので、冷たいビールが美味しく感じられました。

お酒があまり強くないリンさんは、まもなくほろ酔い状態になり、テレビを見ながら大きく伸びをすると、私のほうへうなだれかかってきました。さりげなくキスをすると、嫌がることなく受け入れてくれました。私は我慢できなくなり、乳首がポチしている彼女の胸に顔をうずめ、さらに下半身にも手を伸ばしました。

「ああーん、ダメ。今日はエッチはしないよ。わたし帰ってきたばっかりで疲れてるから」
リンさんは私を押しのけると、スマホを持ってベッドへ移動しました。

「えー、せっかく久しぶりに会ったんやからぁ。いいやろ?」
「ダメ!わたし疲れた」
「えー、1回だけでいいからぁ、お願い」
「ダメ!」

私が駄々っ子のようにごねると、彼女は可笑しそうに笑いだし、こう言いました。
「わたしここで寝てるから、あなた勝手にひとりでやって」

ひとりでオナニーでもしてろ、という意味かと思った私は愕然としてしまいましたが、確認してみると、そうでないことがわかりました。彼女は「わたし何にもサービスしないけど、あなた好きなようにしてくれていいから」と言いました。

というわけで、私は彼女の上に覆いかぶさると、存分に楽しませてもらいました。
Tシャツをまくり上げて乳首を舌で転がしても、彼女はまったく反応せず、ずっとスマホをいじっていましたが、さすがに割れ目に舌を這わせたときは「あんっ」と声を漏らし、そのうち愛液があふれてきました。

コンドームを装着して挿入すると、スマホをいじる手が止まり、短い喘ぎ声を漏らしました。しかし、私が腰を動かしてもあまり感じている様子は見せませんでした。最後まで正常位のまま体位を変えることなく終えました。

⬇リンさんのことはこちらに詳しく書いています。

マッチングアプリは現時点で最強の出会いの場

セックスする機会がない?
セフレを作ってみたい?

今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。日々エロ目的の男女を大量マッチングし続けてるサイトがPCMAXです↓

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

健全なイメージですが、実はエロ度が高めなことで界隈では有名。
初心者は余裕をもって3,000円程度の課金がおすすめ!
即セックスやセフレを求める女性にピンポイントでアプローチできます。

\法令遵守サイトなのでプロフィール設定と年齢認証は必須です/

朝一番の突撃

昨晩はなんとなく消化不良のまま終わってしまいました。リンさんと久しぶりに会えて、セックスさせてもらえたのはよかったのですが、ただ寝そべっているだけで何もしない彼女を相手にするのは、やはり物足りなさを感じました。

そんな消化不良を解消するため、この日、私は行きつけのチャイエスに朝一番で予約を入れたのでした。

私が指名したのはアスカ(仮名)という名前の嬢で、彼女は中国人の中では小柄で華奢な体つきをしていましたが、ルックスは申し分なく、これまでに会ったチャイエス嬢の中では最も正統派の美人だったと思います。

ホテルの部屋へ入り、少しイチャイチャしたあとシャワーを浴びました。アスカさんはバスルームの中でも手や口を使ってサービスしてくれました。

彼女は自他ともに認めるM女で、ベッドに腰かけてしばらくキスをしていただけで、すでに股間はじっとりと湿り気を帯びていました。

乳首を舌で転がし始めたときには割れ目からたっぷりの愛液を漏らしていて、あっというまにイッてしまいました。さらにクンニでも昇天し、私がコンドームを装着したときには、彼女はぐったりしてしまっていました。

挿入すると、私は最初から激しく腰を動かしました。
「ああー!ああー!お兄さんすごい!なんでそんなに元気なのー!」
日本語でそう叫ぶも、まもなく彼女は昇天してしまいました。

途中で体位を変えると、最後はバックでフィニッシュしました。私がペニスを抜き、体を離すと、アスカさんはぐにゃっとベッドの上にくずおれてしまいました。

味見をしてからのセックス

アスカさんと遊んだあと、『揚子江ラーメン』へ行って少し早めの昼食をとりました。オーダーを取りに来た中国人の女の子が、先ほどのアスカさんと比べても見劣りしないくらいの美人でスタイルも良かったせいで、私はまたしてもムラムラしてしまい、不覚にも股間のイチモツを半勃起させてしまいました。

『揚子江ラーメン』を出て歓楽街の中をブラブラしながら、もう一軒どこかの風俗へ寄って抜いて帰ろうかと思いましたが、給料日前ということもあって、懐具合を考えるとなかなか踏ん切りがつきませんでした。

思いもよらぬ幸運が舞い込んだのは、国道沿いの道で信号待ちをしていたときでした。
「あー、あなた、久しぶりなー!」
快活そうなその声に振り向くと、自転車に乗った、どことなくロシア人ぽい顔立ちをした女性が私のほうを見て笑っていました。アリサ嬢(仮名)でした。

⬇アリサ嬢についてはこちらで詳しく触れています。

「わたし、中華料理の店はじめる」
自転車を押して歩きながら、彼女が屈託のない笑みを浮かべて言いました。

知り合いの中国人から中華料理店の権利を譲ってもらうことになったらしく、リニューアルオープンに向けて準備をしているところなのだ、前から働いているチャイエスには週2日だけ出勤し、あとは中華料理店のことにかかりっきりなのだと、アリサ嬢はうれしそうに話しました。

「わたし、新しいスープ考えた。あなた味見してくれるか?」
そう言われ、彼女の自宅マンションまでついて行くことになりました。

アリサ嬢の部屋は6畳のワンルームでしたが、可愛らしい模様にレイアウトされていて、ベッドの上にはクマやカエルのぬいぐるみが並べてありました。

キッチンからいい匂いがしてきました。
「あなた、こっち来て味見するか」

彼女に呼ばれ、鍋の中を覗くと、透明感のある金色のスープがいい匂いを放っていました。ひとくち味見してみましたが、すごく美味しかったです。決して濃厚ではないのですが、体に染み渡るようなやさしい味わいでした。

「これ、わたしが考えたスープ。焼き飯といっしょに食べる」
チャーハンのサイドだそうで、このときはスープだけでしたが、店で出すときには何か具材を加えるのだと言いました。

そのあと、彼女から酒のことを色々と聞かれました。私が酒屋に勤めていることを知っていたので、店のドリンクメニューについてアドバイスを求められました。ふたりでベッドに腰かけてしばらく話をしました。

話がひと区切りついて、そろそろ帰ろうかと思いましたが、エロいことが大好きなアリサ嬢のことです。そう簡単に帰してはくれませんでした。

「あなた久しぶりなぁ。もうちょっとゆっくりしていくか?」
酒のメニューについて話しているうちに彼女の性欲はすでに高まっていたのでしょうか。私の腕をぎゅっとつかむと、なかば強引に唇を重ねてきたのでした。

先ほどチャイエスで1回戦を終えたばかりで、自分ではそれほど興奮していないつもりでしたが、体の反応は正直なもので、股間のイチモツは早くもフル勃起状態でした。

その流れのまま私は着ているものを脱がされ、彼女からほとんど一方的に責められるかたちになってしまいました。

「カモーン!」
アリサ嬢は自ら仰向けになり、がばっと脚を開くと、いつものように英語で挑発してきました。すでに興奮がピークに達していた私は、彼女の股間に勢いよく突っ込んで行きました。

「オ~、イエ~ス!オ~、イエ~ス!」
私の腰の動きに合わせて、アリサ嬢が大きな声を上げました。正常位のまま腰を振るスピードを徐々に上げていき、最後は彼女の「オーゥ!!」という叫び声とともに私は果ててしまいました。

帰り際、アリサ嬢から「わたし店はじめたら、あなた食べに来て」と何度もお願いをされました。

現在も、私はときどき彼女の店に足を運び、チャーハンと例の美味しいスープを食しています。

スタイル抜群のエステ嬢と再会

アリサ嬢の部屋を出た私は、完全に賢者モードに入っていました。性欲というものをほとんど喪失してしまっていたかもしれません。普段なら二度見してしまうくらいの美人やスタイルのいい女性とすれ違っても、ぜんぜん興奮せず、どこか冷めた目で見ていました。

昨晩から3回もセックスをしたせいか、自宅に戻ると急に疲れが押し寄せてきて、私は少し昼寝をすることにしました。

目が覚めたときには窓の外は暗くなっていました。普段なら夕食を済ませている時間でしたが、あいにくこの日は買い置きしている物が何もなかったので、外へ食べに出ました。

食事を終え、駅前の歓楽街を自転車で走っているとき、ある女性とすれ違い、私は思わず「あっ」と声を上げてしまいました。彼女は、一年くらい前に一度だけ遊んだことがある中国人風俗嬢でした。

「お姉さん、ちょっと!」
私は迷わずあとを追い、声をかけました。どうしても、彼女ともういちど遊んでみたかったのです。

「あーぁ、あのときのお兄さん?久しぶりやなー!」
元気のいい関西弁で彼女は言いました。どうやら私のことを覚えてくれていたようです。
女優の井川遥をもう少しカワイイ系にしたようなルックスの彼女。ここではユウさん(仮名)としておきます。

ユウさんは大阪市内の中国人ホテヘルで働いていて、私がその店を初めて訪れたときに相手をしてくれた女性でした。彼女は顔立ちもキュートですが、それ以上にスタイルがすごくいいのです。これまでに出会った風俗関係の女性の中で一番美しい体をしていたと思います。

彼女が服を脱いだときは本当に驚きました。スタイルがとくにいいグラビアアイドルの裸を生で見ているような感じでした。さらに、脚を開くと、あの部分の色や形まできれいで、私は今後もこの嬢を指名し続けようと思いました。ところが、わずか1か月後、彼女の写真は店のホームページから消えてなくなっていたのでした。

「わたしエステやってるよ。店この近くにある、あなた来るか?」
ユウさんに近況をたずねたところ、そんな答えが返ってきました。ホテヘル嬢を辞めた後、自分でエステを開業したということでした。

「お兄さん、マッサージするか?30分4000円でいいよ」
私は少し考えました。ユウさんと遊べるのなら行ってみたいと思い、そう伝えました。

「わたしはできないよ。もう若くない。店にもっと若い子いっぱいいるよ」
「どうしてもだめ?ユウさんと遊びたいんやけど…」

私が物わかりの悪い子供のようにごねると、彼女は怒ったふりで口を膨らまし、「もう、しょうがないねぇ!」と言い、しぶしぶOKしてくれました。

ユウさんのあとから自転車を押してついて行きました。黒のスパッツのようなものをはいた彼女のヒップラインがすごくきれいで、私は歩きながら股間を膨らませてしまいました。

店に入ると、若い女の子3人が一斉に「いらっしゃいませー」と声をそろえて出迎えてくれました。カウンターにある料金表を見ると、どうやら普通のエステのようでした。手コキくらいはしてくれるのかもしれませんが、本番は無さそうでした。

「30分でいいか?」
「うん、それでいいよ」
「じゃ、6000円ね」
「え?4000円じゃなかったの?」
「お兄さん、わたしと遊びたいんでしょ?だったら6000円」

完全に足もとを見られたかたちになりましたが、ユウさんと遊べるのならいいかと思い、私は6000円を支払いました。

ユウさんのマッサージはなかなか上手で、気持ちよかったです。途中、こっそりお尻に手を伸ばしても何も言われなかったので、調子に乗ってTシャツの中に手を入れてみると、「ダメ!」と一喝され、背中をパチン!と叩き返されました。

しかし、私がしょんぼりしてしまっているのを見ると、ユウさんは「今日は特別サービスよ」と言い、手コキをしてくれました。1分ももたず、フィニッシュしてしまいました。

「もうホテヘルの仕事はしないの?」
マッサージのあと、失礼を承知で彼女に聞いてみました。

「もうあの仕事はやらないよ。しんどい。わたし若くないから」
そうきっぱり言い放ったユウさん。しかしあきらめのつかない私は、一縷の望みにかけて、彼女と連絡先を交換しておきました。

忘れ物を取りに行ったついでに…

自宅マンションへ戻ってきたときには、すでに10時近くになっていました。ふと見ると、携帯電話に着信が…。リンさんからでした。その瞬間、私は「あっ」と声を上げました。

昨晩、リンさんからもらったタンの佃煮を彼女の部屋に置いてきてしまったことを思い出したのです。きっとそのことで連絡してきたのだろうと思い、すぐに電話をかけました。

「大丈夫よ、ちゃんと冷凍庫に入れてあるから」
リンさんが笑いながら言いました。私は今から行くと伝え、電話を切りました。


この日の彼女はタンクトップにショートパンツ姿でしたが、やはりブラジャーは着けておらず、乳首がポチしていました。

こんな裸同然の恰好を見せられたら、お土産だけ受け取ってすぐに帰るというわけにはいきません。持て余す性欲に押されて、私は臆することなくアプローチをかけていきました。

「もーぉ、あなたいつもそれなんだからぁ…お土産もって早く帰って」
最初は嫌がるようなそぶりを見せていた彼女でしたが、いちど唇を重ねてしまうと、打って変わって積極的になり、自ら舌を絡ませてきました。

ベッドへ移動すると、彼女のほうから馬乗りになってきて、長い髪を振り乱して責めてきました。私の下半身を丸裸にし、フル勃起したイチモツをすっぽりと口にくわえました。取りつかれたように一心不乱にフェラチオをするリンさん。あまりの気持ちよさに、私はたまらず彼女の口の中に放出してしまいました。

しばらくふたりでベッドに横たわっていましたが、この日の私は普段よりも回復が早く、まもなく二回戦目に突入しました。

最初は正常位で、次に体位を変えてバックから突きまくりました。再び正常位に戻したあと、しばらくして彼女のほうから体位を変えてきました。互いに向かい合って横になると、挿入した状態のまま脚を交差させ、ディープキスを楽しみました。彼女が腰をくねらせながら、私の背中や尻を愛撫してきました。

最後はまた正常位で絡み合いました。リンさんの膣内からは愛液が溢れ、私が腰を動かすたびにいやらしい音を立てました。ピストンの繰り返しで攪拌された愛液が白い泡のようになり、ペニスの付け根にこびりついていました。

「あっあっあっああんっ…、あなた、今日すごい…」
彼女の声は少し震えていました。私も限界が近くなり、腰を振るスピードを上げました。

「あぁんっ!もうダメ!イキそう!ああぁーあっ!!」
リンさんは頭を後ろにのけぞらせ、昇天してしまいました。私はぐったりした彼女の腰を持ち上げると、最後の力を振り絞ってピストンしました。そして自分の下半身を彼女の下半身に思い切りぶつけると、猛烈な勢いでフィニッシュしました。

ついに力尽きた私は、挿入したままの状態で彼女の上に覆いかぶさるようにして、ばたっと倒れ込んでしまいました。24時間でのべ5人のチャイエス嬢と絡み合った私。リンさんで始まり、最後もまたリンさんに戻ってきたわけです。

その夜はリンさんの部屋に泊まり、翌朝早くに自宅へ帰りました。タンの佃煮も忘れずに持って帰りました。体内の精液は全弾撃ち尽くし、ガクガクの下半身で帰途に就いた私の足取りは、それこそ激戦地から引き揚げてきた傷痍軍人のそれのようだったかもしれません。

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前です。マニアックスからの登録者数を見てくださいね!

2021年9月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから978人登録
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから484人登録
3位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから4867人登録(女性は757人)
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから437人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから177人登録
利用のコツ
年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

なかぞの

大阪府生まれ。大学卒業後、某省某地方局に入局するも肌に合わず退官。塾講師、酒屋の配達員、デリヘルの事務スタッフなどの職を転々としたのち、フリーライターとして活動を開始。足を踏み入れるとスリルを味わえそうな怪しい街並み、怪しいビルの風俗店を探し歩いている。

なかぞののツイッター
なかぞののすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい