もう落ち込まない!包茎男子に捧げるペニスお手入法

メンズエステユーザーさんの投稿コラム

もう落ち込まない!包茎男子に捧げるペニスお手入法

性の悩み

瀬尾マサト 1,271 2020/10/08

包茎はどうしても臭いがキツくて困りますよね。せっかく女の子とエッチのチャンスが訪れても、包茎だしなぁ…と悩んでしまうかもしれません。風俗でも嬢が嫌な顔しながらフェラするのなんて見たくないのではないでしょうか。

包茎に対するコンプレックスを少しでも減らすため、ペニスのお手入れの仕方をご紹介いたします!

包茎のデメリットについて

男性にとって包茎は様々なデメリットをもたらします。短小で幼く見える外見もそうですし、早漏など性機能面でも情けない思いをしてしまうことでしょう。

また、女性とエッチをする時に最もデメリットになる点、それは臭いです。包茎の種類に限らず、皮が被っていると亀頭周辺に恥垢が溜まりやすくなります。それがチーズの腐ったような非常に不快な臭いを発してしまうのです。そんな臭いペニスを女性はフェラしたいなんて思いませんし、見た目の不潔さがあることから挿入だってしたくないと思うことでしょう。包茎はそうした不衛生感が大きなデメリットとなってしまいます。

お手入れの仕方を覚えよう!

不潔なイメージは包茎のデメリットですが、逆に「綺麗であれば気にしない」そういう女性もたくさんいます。お手入れの仕方をしっかりと覚えてお互いにクリーンな関係を保ちましょう!

なるべく亀頭を出す!

お手入れの第一手順、それは亀頭を出すことです。真性包茎だと亀頭を露出するのが難しかもしれませんが、それでもなるべく包皮口を開いて出してあげましょう。可能な限り露出できれば、その分お手入れも隅々まで行き届くようになります。また、訓練することで真性包茎でも仮性包茎くらいにはなるかもしれません。

包皮口からお湯を入れる

亀頭を露出させることができるようになったのであれば、皮の内部を洗ってきます。包皮口をしっかりと開いてそこからお湯を流し込みましょう。最初は石鹸を溶かしたお湯を入れ、洗浄していってください。その後は洗剤を洗い流すために何度かお湯を入れていきます。

オナニーの要領で洗う

さらに綺麗にするのであれば、オナニーの要領で皮をシゴイてみましょう。包皮口からお湯を流し入れた状態で皮を引っ張ったり離したりしてみてください。オナニーのような動きですが、要は歯磨き後のうがいと一緒で亀頭の汚れが流れやすくなります。

だいたいこれだけやっておけば恥垢も落ちてくれ、臭いも軽減されていくはずです。毎日お風呂に入った時にやっておけば急なエッチのチャンスや風俗通いでも女の子に嫌な顔をされずに済みます!包茎だからといって落ち込まず、日々のお手入れをしっかりと行い自信を持ってベッドに向かいましょう!

マニアックスの読者さんが入り浸る本物のエロ系出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、優良サイトが生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前になりました。中でもエロ目的の男女が集まるサイトだけ紹介します!

2020年10月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3524人登録(女性は626人)
2位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから237人登録
3位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから725人登録
4位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録
5位
サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから135人登録
6位
ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録
利用のコツ
年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。

あなたのオリジナルコラム、お店の口コミ・体験談を掲載してみませんか?

ユーザー様のオリジナルコラムや口コミ体験談を掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサトのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい