回春性感マッサージ倶楽部グループ 高輪AQUA(アクア)

2017年 11月 01日

53

風俗に行けなくなる?パチンコの規制が厳しくなる噂

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.hoi-ppu.com/
 

KGCEYZML.jpg

ギャンブルと風俗は、切っても切れない関係にあります。なぜならば、競馬や競艇や競輪で勝ったり、パチンコやパチスロで大勝ちしたりした場合、(少なくとも男性であれば)必ずといっていいほど、勝ち分の使い道の選択肢として、風俗が入ってくるものだからです(風俗に行かない人も少なからずいるとは思いますが、悪しからず)。しかし、ギャンブルに対する規制というものは、いつの時代にも国ぐるみでひたひたと忍び寄ってきています。近年も、「パチンコにあり得ないレベルの規制がかかる」、とのうわさが出ています。

パチンコ規制の噂は本当

2017年7月、警視庁からパチンコ規制に関する発表がなされました。「パチンコの出玉に関する規制を改正する」、というものです。もともと出玉規制というものは存在していて、風俗業と同じく、風俗営業法施行規則の中に盛り込まれているものです(そういった意味でも「風俗」と「ギャンブル」は、切っても切れない関係です)。今回の規制は、平たく言うと「過度な射幸心をあおらないように、儲けの上限を5万円程度に抑える」、というものです。現在の規制では、パチンコを1時間程度やった場合には、戻ってくる出玉の上限を3倍にして、10時間程度やった場合には、2倍程度に抑える、といったことを、システマチックに制御して抑制しています。ところが今回の規制以後は、さらに厳しい規制を設けて、10時間以上やると、ほぼトントンに近い状態とするように規制する、というのです。

かつては数十万レベルの大勝も可能だったが

ざっくりいえば、「平均遊戯時間である4時間の儲けについて、現状数十万まで可能であるところから、5万円を下回る水準まで規制する」という、結構インパクトの大きな規制です。1980年代から90年代にかけてのバブル期(いわゆる「はじけた」状態以後の数年を含める)では、パチスロやパチンコの期待値は、現在と比較すると、すさまじいものがありました。連チャン機(当たりが数回以上連続する)タイプの機器が主流だったこともあり、数時間で数十万円の儲けを出すことも可能でした(今では信じられないことです)。警視庁関係者は、「儲けの期待値が下がることで、負けた人が取り返そうとして突っ込むリスクも下がる」と語っていますが、結局のところこの規制は、周辺産業である飲み屋や風俗の客足にも影響することが予想されます。移行期間をおおむね3年程度おいて、新基準に移行していく予定といいますから、パチンコの勝ちをあてにして風俗を予定を立てている風俗ファンは、代替策をまじめに考える時期に来ているようです。


文|つかもとまさし

性感回春アロマSpaグループ
有頂天
出張マッサージ&スパ アロマモムーン東京
メンズエステ日暮里

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店