回春性感マッサージ倶楽部グループ 高輪AQUA(アクア)

2017年 10月 18日

45

脚フェチ、声フェチ。。。フェチズムはなぜ起こるのか?

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://shinjuku.co/
 

TXUYCPSX.jpg

体の特定のパーツや特定の物品、音、匂いなどに反応して、性的興奮を覚えてしまう性癖は「フェチズム(またはフェティズム)」と呼ばれて、広く知られています。多くの人がごくあたりまえのように感じているフェチズムという感覚は、おおくくりでは「変態扱い」されるようなことも多く、よく考えてみれば、なんだかかなり特殊な人間の習性である、というようにも思えます。「脚フェチ」や「声フェチ」など、なぜフェチズムは起こってしまうのでしょうか。

呪物崇拝と物神崇拝

フェチズムは、学術的には「呪物崇拝」と「物神崇拝」と分類されています。前者は人類学や宗教学の分野で、後者は経済学やソーシャル(社会学)の分野で、フェチズムを指して命名されたものなのですが、人間の通常の感情や感覚から考えると、「何かを崇拝する」という感じは、やはり性的に「変態」の域といいますか、いわゆる「性的倒錯」の一部である、と考えることができそうです。

18世紀には成立していたフェチズム

最初に「フェチズム」という言葉を使いだしたのは、18世紀のフランスの思想家であるド・ブロスという人物であった、といいます。彼は、物やパーツへの崇拝は、「フェティッシュ諸神の崇拝」という本の中で、いわば神への崇拝に似た感覚であると説明しています。これが先ほどお話した「呪物崇拝」なのですが、ここから発展して、19世紀には、フランスの心理学者アルフレッド・ビネーが、下着や靴など、もともと性的ではないものに対して性的な興奮を覚える感覚を、「フェチズム」という概念として説明したそうです。その後登場した、かの有名なオーストリアの精神医学者のジークムント・フロイトが、人間の行動すべてを性的な動機に結び付けて考えた学説を発表し、同時期のサドマゾなどの文化も相まって、フェチズムの概念は定着していきました。

想像力の賜物

つまるところフェチズムとは、「人間の想像力の賜物」ではないでしょうか。靴や音、人間の体のパーツ、電車、雑踏や人込み、本、ボールペンなど、一見性的な何かとは全く関係のないものから、性的な何かを連想してしまうという、ある意味罪な習性の源は、何かを見てついついエッチなことを連想してしまったり、深読みしたりしてしまう人間ならではの悲しい習性から来ているのではないか、と思われます(動物に「フェチ」の概念があるか否かは、彼らとは話せないのでまさに「神のみぞ知る」というところです)。とまあ、フェチについて掘り下げてみたものの、脚が好きな人は今日も脚が好きですし、ブーツで踏まれることが好きな人も自分の中では「普通」だと思いますので、生物的には「異常ではない」と考えて、自信をもってまい進していきましょう。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣がネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をマニアックスまでお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

日本ハイレグ愛好会
有頂天
出張マッサージ&スパ アロマモムーン東京
メンズエステ日暮里

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店